So-net無料ブログ作成
検索選択

劇場版 魔法少女まどか★マギカ [新編] [映画]

話題映画見てきました。

F1000469.JPG

TVシリーズは一通り見て、虚淵さんの驚愕な展開とイヌカレーさんの独特な世界で、ちょっと食しづらい作品のイメージでした。 ですので劇場版の前編後編は未視聴。
この[新編]はもうちょっと報われる結末を期待してw でも「虚淵さんじゃそんなことしないだろな」とかw アスミスの新キャラとか、さやかさんまどかはどうやって出てくるのか? そんな興味に駆られて見に行きました。

南大沢のTOHOcinemaは空いていて、色紙まだまだあり。1/3程席が埋まって上映開始。

ネタばれOKの方↓




※ここからネタバレ有り※


インセプション  [映画]

お休みでいざ家にいても暇なことが多い元旦。

12月31日に紅白で奈々さんを見た後ハリポタ7前篇を見に行きました。
それがあまりにもいまいちだったので、口直しにtsutayaでBDの映画『インセプション』を借りました。


主人公のドム・コブは、人の夢(潜在意識)に入り込むことでアイディアを“盗み取る”特殊な企業スパイ。そんな彼に、強大な権力を持つ大企業のトップのサイトーが仕事を依頼してきた。依頼内容はライバル会社の解体と、それを社長の息子ロバートにさせるようアイディアを“植えつける(インセプション)”ことだった。極めて困難かつ危険な内容に一度は断るものの、妻モル殺害の容疑をかけられ子供に会えずにいるコブは、犯罪歴の抹消を条件に仕事を引き受けた。 古くからコブと共に仕事をしてきた相棒のアーサー、夢の世界を構築する「設計士」のアリアドネ、他人になりすましターゲットの思考を誘導する「偽装師」のイームス、夢の世界を安定させる鎮静剤を作る「調合師」のユスフをメンバーに加えた6人で作戦を決行。首尾よくロバートの夢の中に潜入したコブ達だったが、直後に手練の兵士たちによって襲撃を受けてしまう。これはロバートが企業スパイに備えて潜在意識の防護訓練を受けており、護衛部隊を夢の中に投影させていた為であった。インセプション成功の為に更に深い階層の夢へと侵入していくコブたち。次々と襲い来るロバートの護衛部隊に加え、コブの罪悪感から生み出されたモルまでもが妨害を始めた。さらに曖昧になる夢と現実の狭間、迫り来るタイムリミット、果たしてインセプションは成功するのか。-wikipediaより


すばらしかった。★★★★★5つ

続きをよむ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。